Webヘドロ放浪記

Webヘドロがうろうろします。

賭けに負けた日

カナダで髪を切るときは、絶対に思い通りの髪型にはならない。

 

 

それを胸に刻んで生きていきましょう。

 

 

こんにちは。

 

ミラーボールちくわです。

 

 

今日は、賭けに負けました。

 

 

そうです。

 

 

カナダの美容室に行って、

 

髪をヘルメット型にされて帰ってきました。

 

ひどいもんですよ。

 

 

前もこの美容室に行ったのですが、ここまでひどくはなかったんですよ…

 

 

もう行きません。

 

これなら自分で100均の梳き櫛でちまちまやったほうがマシでした。

 

21ドルで散髪とカットが付いてて嬉しい値段ではあるのですが、やっぱり価格と質は比例するんですね。

 

 

泣きそうです…まだ春休みに入っててよかったです。

 

これで学校行けって言われたらベリーショートにして行くぐらいひどい髪型です。

 

ちなみにこの髪型にしてくれって言ったのですが

 

f:id:chu_ron:20170312160407p:image

 

なんか違うんですよね。

 

 

ガツ!って切ってるんですよ。

 

髪を切る時って、普通サクサクサク切るじゃないですか。少しずつ。

 

でもザクって切るんですよ。

 

芸術系の学生じゃないんだから…そんなパッツンな髪型嫌ですよもう…

 

 

カナダで散髪に行くときは賭けです。

 

カナダ人はアジア人の髪をパッツンにしたがるのです。

 

担当になったカナダ人がアジア人の髪をパッツンにしたがる人だった場合、大負けです。

 

マイナスです。

 

赤字です。

 

 

運良く腕がよくて説明をよく聞く美容師の場合、大当たりです。

 

プラスです。

 

一週間ずっと気分が良くなります。

 

 

 

私は大はずれなので一週間気分が落ち込みます。

 

すごろくでいえば8マス戻る感じですかね。

 

 

それでは今からまた髪を梳き櫛で整える作業に戻りたいと思います。

 

みなさんも海外では髪を切らないように。

 

 

ではまた。